都市部医療の問題点を考える

都市部での医療も地域医療と負けず劣らず、問題点を大きく抱えていると思います。まずは医療機関の偏在の問題があると思います。私の家の周りには、あれほど小児科不足と言われて理うのもかかわらず、その小児科だけでも数か所あります。子どもが熱を出したのか、腹が痛いのかだけでどの小児科に行こうか選択する余地があります。
歯医者などは歩いて行ける周りだけで10か所以上あります、総合病院などは自転車で行ける範囲だけでも数か所あり、どんな病気になってものより取り見取りの状況です。しかしながら、車でほんの20分ほどいった親類の住む町になると、意外にも地域医療で問題になる街と同様に、歩いて行ける範囲にある医療機関は一診療科あたり一か所あるかないかの状況です。そのため、医者を選ぶなどは遠い話であり、核家族化も進行していることから、夜間病気になった際などは、必ず救急車を呼ばねばならないという話はざらにあります。また、歯科医や整形外科、内科は多くあっても意思に人気のない小児科は全くなく、公設の医療機関に頼らざるを得ない状況であったり、救急取扱い医療機関が少ないことから、救急患者のたらいまわしが日常茶飯事におこっています。これらの状況は、まず医療機関が商業的に儲かるか儲からないかの判断で街に供給されており、その結果儲かりそうな場所や、儲かりそうな診療科が偏在してしまうといった結果を招いているようです。またしっかりとした経営観念がない医療機関運営もこの偏在を招いているように思えます。

乾燥肌のための化粧品

イルミネーションを安く販売しているところを教えてー☆

着物買取福ちゃん

着物買取の高額査定